双子育児で遊びながら身に付く!おすすめの知育玩具について

使えるものは使う

 子育てをしていると、与えるおもちゃについて悩むことはありませんか?親として、子どもの成長をサポートしてあげるおもちゃなら、より良いですよね。子どもに与えるおもちゃとして、是非取り入れていただきたいのが、知育玩具です。楽しく遊びながら、色々な力をつちかうことが出来るので、おすすめです!今回は、上手な知育玩具の選び方についてお伝えします。そして、双子育児をはじめとする、子育て中のご家庭に取り入れていただきたい、おすすめの知育玩具についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

知育玩具とは?

 知育玩具とは、楽しく遊びながら、考える力をはじめとする知的能力を育てる効果が期待できるおもちゃです。目で見て、実際に触り、耳で聞き、頭で考えることができるため、子どもの成長にとって嬉しいおもちゃとなっています。小さい頃から、しっかりと五感を使うことで、脳の発達も促してくれます。

双子育児をはじめとする育児での上手な知育玩具の選び方

 嬉しいメリットがたくさんある知育玩具ですが、ちゃんとあったものを選ぶ必要があります。双子育児をはじめとする、お子さんがいるご家庭での上手な知育玩具選びについてお伝えしていきます。

  • 年齢にあったものを選ぶ
  • 子どもの興味関心があるものを選ぶ
  • 一緒に遊べるものを選ぶ

年齢にあったものを選ぶ

 知育玩具は、幅広い年齢のものが現在販売されています。なので、その時の子どもの成長段階にきちんとあったものを購入することが大切です。気になるおもちゃがある際には、記載されている対象年齢を確認しましょう。

子どもの興味関心があるものを選ぶ

 親が良いと思って購入した知育玩具でも、子どもが興味を示さない場合もあります。普段の様子から、その子がどのようなものに興味があるのか把握しておき、知育玩具選びの参考にすると失敗が少ないです。

一緒に遊べるものを選ぶ

 1人で遊べる知育玩具でも良いのですが、せっかくならみんなで一緒に楽しめるものを選ぶことをおすすめします。家族でコミュニケーションをとるきっかけとなります。また、楽しくワイワイしながら一緒に遊ぶことで、子どもは楽しいもの!と認識し、よりその知育玩具に興味を持って遊んでくれます。

年齢別おすすめ知育玩具

 知育玩具には、その成長と年齢に応じたピッタリのものがあります。年齢別でのおすすめ知育玩具についてご紹介していきます。

【0歳〜1歳】

 生まれたばかりの時は、まだ自分の手も見つけていません。そこから徐々に、からだが発達していくため、五感をしっかり刺激してあげることができるおもちゃがおすすめです。ねんねをしている赤ちゃんの初めての知育玩具としておすすめなのが『メリー』です。メリーは、寝たきりの状態の赤ちゃんでも楽しめるおもちゃです。音楽が流れながら回転するものや、手に触れると音がなるものなど、種類もたくさんあり、生まれて間もない状態でも、しっかりいろんな刺激を体感させてあげることができます。

 少し大きくなった1歳前後の子どもは、指先をうまく使うことができるようになります。こちらの年齢でおすすめしたいものは『おもちゃの楽器』です。トイピアノやグロッケンは、自分の指先で押す箇所によって、奏でられる音色が変わります。まず、押したら音が出る楽しさを学び、次に、どこを押したらどんな音が出るか想像力を養うことができます。

【2歳〜3歳】

 2歳になると、好奇心が強くめばえ、自分の気持ちで行動するようになります。この時期におすすめなのが『ブロック』や『つみき』です。自分で形や置く場所を考えながら、遊ぶことができるので、この時期の成長にはピッタリです。

 3歳ごろになるとさらに知能も身体能力も成長しています。おしゃべりも言葉が増えてきて、お友達と一緒に楽しく遊べる年頃となります。特に、この時期の女の子におすすめしたいのは『おままごとセット』です。普通のおままごとでも、想像力が養われるのですが、最近では、コンロやシンクがついているキッチンタイプのものがあります。実際にお母さんが台所でごはんを作っている様子を、真似っこしながら、本格的なおままごとを楽しむことができます。

【4歳〜5歳】

 4歳になると、より手先も器用になり、小さなおもちゃでも上手に使って遊ぶことができるようになります。小さいものを掴んで、組み立てることは脳に良い刺激となるため、この時期の子どもには『レゴブロック』を与えてみてはいかがでしょうか。今までの大きなブロックやつみきと違い、より細かな設定のものを作ることができるので、お母さんお父さん達もあっと驚くようなものを作ってくれるかもしれません。

 5歳になると少しずつ数字やひらがなに興味を示すようになります。この頃におすすめしたいのは『知育パズル』です。知育パズルとは、パズルにイラストや文字が書いてあるものです。親子で一緒に、ことばを学びながら遊ぶことができます。また、アンパンマンやキャラクターデザインのものもあり、子どもの興味をひくものを選ぶことができます。

【6歳】

 来年には小学生になる6歳です。なので、そろそろ集中力を鍛える知育玩具を選んでみてはいかがでしょうか。おすすめしたいのは『ジェンガ』です。「どうすれば、崩さずパーツを抜けるかな?置けるかな?」と考えながら、遊ぶことができます。また、集中して触らないと倒れてしまうため、集中力も鍛えることができます。双子をはじめとする、兄弟がいるご家庭ではみんなで楽しむことができるので、おすすめです。また、ジェンガは、ドミノとして遊び方を変えることもできるので、遊びの幅も広がります。

まとめ

 知育玩具には、楽しく遊びながら育むことができるため、嬉しいメリットもたくさんあります!

  • 年齢にあったものを選ぶ
  • 子どもの興味関心があるものを選ぶ
  • 一緒に遊べるものを選ぶ

 以下のポイントを押さえて、子どもにピッタリの知育玩具を選んであげてくださいね。